カウンセリングを受診

カウンセリングについて

このサイトでは、うつ病カウンセリングのカウンセラーはどんな人がいるのかということやネガティブな性格に悩んでいて、カウンセリングを受けてみたい人に向けた情報を発信しています。カウンセリングを受けることで気分の落ち込みをケアできることや受診する効果などもご紹介します。自分が、うつ病になったことによる不安な気持ちを受け取ってくれるカウンセリングなのか、などの疑問も盛り込んだ内容です。誰にも聞けなくて困っている人が、読みやすいサイトになっています。

うつ病のカウンセラー

うつ病のカウンセラー うつ病カウンセリングは、年齢・性別・性格もさまざまな人がカウンセラーとして働いています。悩んでいる人を元気付けたい気持ちで仕事をしている明るい人もいますが、多くはカウンセラー自身が過去悩んでいた経験があり、今はそれを克服している人である可能性が高いでしょう。自分が悩みを克服した経験を活かして、悩んでいる人を救いたいと思っているのです。そのため、悩んでいる人の気持ちがよく分かります。 しかし、うつ病カウンセリングを受けるなら、自分が話しやすい人の条件を絞ることが大切です。例えば、20代くらいの女性がカウンセリングを受ける場合、歳が近い同性の方が友人と話している感覚で打ち明けられる人もいれば、お母さんくらいの年代の女性の方が話しやすい人もいるからです。また同性に苦手意識がある場合は、異性が合っているでしょう。このように、自分に合うカウンセラーを見つけることが悩みを解決する近道です。

カウンセリングを受けよう

カウンセリングを受けよう 多くの人はうつ病は精神疾患なので、精神科への受診には非常に抵抗があるでしょう。 ですが、精神科は非常に明るい環境が整っているので、一度受診すると今後は気軽に受診することが可能でしょう。 うつ病カウンセリングを受けるためには、精神科を受診すると診察前に専門のカウンセラーがうつ病カウンセリングを行ってカウンセリングの結果を主治医に伝えて診察を行います。カウンセリングは普段の様子や日常的のちょっとした出来事をカウンセラーに伝えることになりますが、最初は、初対面の人に全てを話すことは出来ないために、最初は世間話くらいでも良いでしょう。カウンセラーは患者さんが話しやすいように男性カウンセラーよりも女性カウンセラーが圧倒的に多い傾向があります。うつ病は完治するまでに長い年月が必要になる病気なので、定期的に受診する場合にはいつでも気軽にカウンセラーに相談できる環境を作っている病院がほとんどです。 精神科の受診を迷っている人は、精神疾患は特別な病気ではなく、誰でも発症する可能性がある病気なので、少しでも不安があったら精神科を受診すると言う行動を起こすことが完治する一番の近道でしょう。精神科医は色々な症状をかかえた患者さんを診察しているため、変な目で見ることがありません。

うつ病カウンセリングはカウンセラーとの相談が大事です

うつ病の治療には様々な種類がありますが、その中でもうつ病カウンセリングを受ける事にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まずうつ病で悩む方は他の誰にも話せない状態で悩みを抱えている事も多いですので、カウンセラーの高に気持ちを発散する事ができるのが魅力です。一般的なカウンセリングは50分程度の時間がありますので、どのように話してよいのか分からない時でもカウンセラーの方が丁寧に聞いてくれますので安心して話せるでしょう。そしてうつ病カウンセリングを受ける事で、本質的な問題の解決を目指せるという部分です。心理療法を行なって話しを聞き出していきますので、その中で課題となる部分に気付いてもらうというプロセスが大事になります。心理療法の中でも、認知行動療法などを用いて利用者の癖などを改善する事も大事な要素です。重要なのは利用者自信で課題や解決法について気付いていくという事で、カウンセリングを施す側から指摘する事ではありません。

うつ病カウンセリングの認知行動療法について

うつ病カウンセリングは主治医の判断のもと、薬物治療などと平行におこなわれる治療行為です。主治医だけではなく、臨床心理士や公認の心理士がおこなうケースもあります。うつ病カウンセリングの方法にはいくつかあり、認知行動療法はその中のひとつです。簡単にいうとクライアントの現在生じている問題を具体的にして、考え方や行動を変えて問題解決を目指します。例えば、多くの人は嫌な気分になったときに、その原因となる出来事のせいにします。しかし、認知行動療法では原因となる起きた出来事を、どのように捉えてどんな行動するかによって、自分の気分を決めていると考えるのです。出来事に対して思ったこと考えたことを認知と呼んで、ネガティブな認知をポジティブな認知に変えてくことを目指します。人は生きていく過程で考え方の癖が培われていきますが、カウンセリングによってこれまでの癖を否定することはありません。クライアントが楽になれる考え方を、新しく加えていきます。

精神科で専門家から受けられるうつ病カウンセリング

医師との連携で行われるのが精神科でも受けることのできる、専門家によるうつ病カウンセリングです。厳密にいえばうつ病カウンセリングは、心療内科医や精神科医が患者に対して行う診療と同じというわけではなく、治療行為としてはまた別のものとなります。公認心理士や臨床心理士、こうした有資格者の専門家により行われる治療行為です。クリニックや病院等の医療機関で出会うことができますし、依頼を受けると発達検査をしたり心理検査を行うこともあります。患者さんの状態は主治医が症状を把握しますので、その人に適した医薬品処方をすることが可能です。病んでいる状態から感じる、辛さや苦しさにもしっかりと耳を傾けてくれますし、必要なら助言もくれます。最大の主治医の役割としては、病気で苦しむ患者さんそれぞれの状態を正確に把握しての診断であり、他の専門家にはできないのが適した処方箋を出すことです。医療治療において主治医に課せられた役割は大きく、必要な医薬品を出すことは重要と言えます。

うつ病カウンセリングを受けて必要なら薬の処方を

精神科や心療内科を受診する方が増えています。かつては通院していることを知られることはなんとなく恥ずかしいものでしたが、近年は駅前などに小規模のメンタルクリニックなども出来て受診しやすくなっています。医師との最初の面談や診断でその患者さんごとの治療方針が決まりますが、定期的に医師の診察が必要ではないと判断された場合、うつ病カウンセリングで症状を安定させていくこともあります。医師ではありませんが心理カウンセラーも資格が必要な専門職ですから、安心して自分の症状などを相談したりすることが出来ます。うつ病カウンセリングに通いながら、カウンセラーが本人の状態に変化があったり、医師の診察が必要であると判断した場合は医師と連絡を取り合ってカウンセリングだけではなく、薬の処方などの対応をしてくれますので、自分の精神状態を素直に話してカウンセリングの場では何でも相談するようにしましょう。そのことで回復が早まります。

カウンセリングの情報サイト

本町でうつ病カウンセリングを探す

新着情報

◎2021/2/12

不安な気持ちを受け取ってくれる
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

うつ病カウンセリングの効果
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「うつ病 カウンセリング」
に関連するツイート
Twitter

オンラインのカウンセリングって難しい面あるなって思う。軽いレベルの悩み相談ならいいけど、うつ病のレベルまでくると「本人が自覚できない部分」がたくさんあるから、ノンバーバル(非言語)の部分が重要になりそうやもんね。

うつ病治療だけじゃもったいない! カウンセリングの応用範囲は無限大です

弊社ではうつ病の発症や自殺を防止するため、週に1回、私と社員とのカウンセリングを行っております。

うつ病の人~!「自分なんかにお金をかけてほしくない」そう思ったら要注意!なぜならうつ病はお金をかけないと治らないから。薬にしてもカウンセリングにしてもそれなりにお金はかかる。罪悪感があるなら治ってから返せばいい。今はお金のことよりも自分の治療を優先に考えて。

うつ病の克服法 ・脳の働きを整える、回復させる ・環境を変える、ストレス原因を避ける ・ものの考え方や習慣を変える カウンセリングでは、話を聴いてどの克服法が適しているかアドバイスも致します。